国道367号を走行中のバイク利用者に対する交通安全啓発

高島交通安全協会と大津北交通安全協会は、9月29日(日)、二輪車の交通事故防止とバイク利用者に対して交通安全の意識高揚を図るため、「ス TOPS(二輪車愛好家)」メンバーに交通安全タスキをしてもらい、白バイの先導のもとバイクバレードを実施するとともに、啓発を行い、国道367号を走行中のバイク利用者に対して安全運転を呼びかけました。

きらり☆ビカッと交通安全反射材フェアの開催

県内では、未だ夜間の歩行中に交通事故の被害に遭われる方が多数おられます。そこで、滋賀県交通安全協会と滋賀県警察では、夜間の歩行者が犠牲となります交通事故撲滅のため、反射材の有効活用、とりわけ反射糸を使用した衣服等の普及を目的として、令和元年9月28日(土)、西武大津店において「きらり☆ピカッと交通安全反射材フェア」を開催しました。

 

近江八幡地区における交通安全フェア

近江八幡地区交通安全協会等は、9月21日(土)、近江八幡自動車教習所において交通安全フェアを開催しました。ジュニアポリスの制服着用体験、白バイ体験、子ども免許証作成などの交通安全に関する体験参加型の交通教室を実施しました。

八幡中学校からの交通宣言発表やさくらっこ保育園の太鼓演奏などもあり、会場は盛り上がりました。
同時に、交通安全功労者等の表彰もあり盛大な交通安全フェアになりました。

俳優の「赤井英和」さんが一日警察署長

9月19日(木)、米原交通安全協会や米原警察署等は、俳優の「赤井英和」さんを一日警察署長に迎え、米原市市民交流プラザ・ルッチプラダにおいて、秋の全国交通安全運動の出動式を行いました。赤井一日警察署長は、米原市長や長岡学園のジュニアポリスに扮した子供たちとともに、街頭活動に出動する白バイやパトカーを「交通事故撲滅」を願って拍手で見送りました。

ゆるキャラ8体がバスに乗り啓発パレード

9月18日(水)、長浜地区交通安全協会や長浜警察署員等約80人が集まり、長浜市役所おいて秋の全国交通安全運動の啓発パレード出発式が行われました。
出発式では、長浜市長や署長が、「官民一体で事故のない安全な長浜市にしたい。」等と参加者に呼びかけ、ゆるキャラ「けいたくん」「ながとらくん」「ひよたん」など、警察や長浜市のゆるキャラ8体を乗せたバス等8台が市内の巡回パレードに出発しました。