大津北、高島交通安全協会女性部による合同啓発

9月26日、道の駅「琵琶湖大橋米プラダにおいて、大津北、高島警察署とともに、大津北、高島交通安全協会女性部による合同の啓発活動を実施しました。

ハロウィンマントに身をまとった大津北署長や、ハロウィン衣装の女性部約50人が、観光客に啓発品の「なでしこの花を手渡し、「なでしこと一緒に交通安全の心も育ててくださいね。」と呼びかけました。

「のぼり旗」啓発の実施

近江八幡地区交通安全協会では、9月25日(火)、国道8号東川交差点において「のぼり旗」啓発を行いました。

参加者は、各人が交通安全意識を高揚させる標語が記載された「のぼり旗」を手に持ち、通行車両の運転手に対して安全運転の励行を呼びかけました。

飲酒運転根絶に向けた啓発活動

 

彦根交通安全協会では、9月25日(火)、キリンビール滋賀工場の協力のもと彦根警察署等とともに、ベイシア彦根店において飲酒運転根絶啓発用のノンアルコールビールやトイレットペーパーを買い物客に手渡して飲酒運転根絶を訴えました。

 

交通安全フェアの開催

大津交通安全協会では、9月24日(月)、フォレオ一里山店において交通安全フェアーを開催しました。

会場では、ジュニアポリス姿の幼稚園児らによる交通安全啓発や、白バイ・パトカーの体験乗車等が催され、来店者に対する交通安全意識の高揚を図りました。

セーフティドライビングスクールの開催について

9月21日、彦根自動車学校において、セーフティドライビングスクールが開催されました。参加者の高齢者ドライバーは、滋賀県交通安全協会(自転車安全利用指導員)による自転車シュミレーターや反射測定器の体験を通じて、交通安全意識の重要性を再認識していました。