瀬田東幼稚園において「ひまわり絆ブロジェクト」を実施

大津交通安全協会・大津警察署等は、5月14日(火)、瀬田東幼稚園において「ひまわり絆ブロジェクト」を実施しました。同プロジェクトは、平成23年11月、京都府内で通学途中に交通事故で犠牲となった子供が育てていた、ひまわりの種をまいて育てることにより、交通事故の防止を願うものです。

各地区交通安全協会による啓発活動等

大津北交通安全協会・大津北警察署等は、5月11日(土)から展開される「春の全国交通安全運動」の出動式を、5月10日(金)、道の駅「米プラザ」で行い、堅田中学校美術部生徒が作成した啓発ポスターを掲示したバス等が街頭啓発に出動しました。

彦根交通安全協会・彦根警察署等は、5月11日(土)午後1時から、道の駅「せせらぎの里」において、利用者に対し啓発品を配布するとともに、シートベルトコンビンサーによる衝突衝撃実験を体験してもらい、交通事故防止の呼びかけを行いました。

甲賀湖南交通安全協会・甲賀警察署等は、イオンタウン湖南店において、5月11日(土)午前10時30分から「春の全国交通安全運動」の出動式を行い、忍者姿に扮した交通安全協会員等が、来店者に安全運転の呼びかけを行いました。

交差点での事故防止活動!

大津市で発生した園児2人が死亡した事故を受けて滋賀県交通安全協会は、滋賀県警察本部交通部交通企画課や他のボランティア約20人とともに、5月13日、大津市内において「交差点では安全確認が最も重要!」と交差点での事故防止を呼びかけました。