反射材付きエコバックの寄贈(近江八幡)

近江八幡地区交通安全協会は、県遊技業協同組合湖東支部から反射材付きのオリジナルエコバック777個の寄贈を受け、12月3日(木)、近江八幡警察署において贈呈式が行われました。同支部は、会員のパチンコ店の電光表示パネルを活用し、交通安全などの啓発活動に協力していただいているほか、警察署を通じて適宜、啓発品を提供していただいています。今回は、同協会のマスコット「よしこちゃん」や全日本遊技事業協同組合連合会のマスコット「パチロー」などのイラストをデザインした、交通安全啓発品のエコバックを提供していただきました。贈呈式の後、JR近江八幡駅において、協会員等が同エコバックを配布して啓発活動を行い、交通事故防止を呼びかけました。