守山野洲交通安全協会等による夏の交通安全県民運動啓発活動について

守山野洲交通安全協会と守山警察署等は、7月4日(土)、高齢者から子どもまでの幅広い年齢層が利用するピエリ守山において、夏の交通安全県民運動に対する呼びかけを行いました。本年6月中に守山警察署管内で死亡事故が2件発生し、さらに、本年6月30日から道路交通法改正に伴い、妨害運転罪(あおり運転)が施行されたことから、交通安全の呼びかけを実施するとともに、のぼり旗を掲げ、啓発品及び啓発チラシを配布しました。