秋の全国交通安全運動期間中における守山野洲交通安全協会の啓発活動

守山野洲交通安全協会と守山警察署は、9月24日(木)、スーパーマーケット「平和堂守山店」前において、店舗利用者に対し、のぼり旗を掲げながら啓発品を配布して、自転車安全運転利用を促す啓発を行いました。

守山野洲交通安全協会と守山警察署は、9月25日(金)、「アル・プラザ野洲」前において、店舗利用者に対し、啓発品及び女性部手作り品を配布するとともに、のぼり旗を掲げながら横断歩道ファーストを呼びかける啓発を行いました。

守山野洲交通安全協会と守山警察署は、9月28日(月)、「鮎屋の郷」店舗前において、店舗利用者に対して啓発品を配布するとともに、のぼり旗を掲げながら「あおり運転防止」を呼びかけました。

守山野洲交通安全協会と守山警察署は、9月29日(火)、JR野洲駅において、駅利用者の帰宅時間帯に合わせ、のぼり旗を掲げながら啓発品を配布して、飲酒運転撲滅を呼びかける啓発を行いました。