ごあいさつ

会長あいさつ

 

公益財団法人滋賀県交通安全協会

会長 横江 末治

 平素は、当協会の活動にあたり、皆様から多大なご支援、ご協力を賜り心からお礼申し上げます。
 さて、昨今では交通死亡事故は若干減少しておりますが、傷者はやや増加傾向にあります。特に壮年期の方による事故の増加が見られるとともに、これから本格的な夏休みに入りますと子どもたちの交通事故が増えることが懸念されます。
 当協会は、「交通事故の無い安全、安心な湖国滋賀を目指して」昭和20年7月の設立、昭和47年に知事の許可を得て「財団法人滋賀県交通安全協会」を発足させ、平成24年には「公益財団法人滋賀県交通安全協会」に移行し、交通道徳の普及と高揚を図るとともに交通秩序の確立と交通の安全及び円滑の実現を目的とした事業を推進してまいりました。
 近年はコロナ禍により厳しい社会情勢が続いておりますが、これからも当協会は、幼児から高齢者までの全県民を対象とした幅広い交通安全活動を展開し、「交通事故の無い安全、安心な湖国滋賀を目指して」積極的な活動を推進して参りますので、県民の皆様のご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。