ごあいさつ

 会長あいさつ

公益財団法人滋賀県交通安全協会
          会 長  横 江 末 治

 今年行われました春の全国交通安全運動におきましては、交通安全協会では、警察や県、市町、安全運転管理者協会などとともに、街頭活動、量販店における啓発活動、出動式、交通安全フェア、高齢ドライバー教室などを計画しておりましたが、新型コロナウィルス感染対策のため、規模を縮小、或いは中止をせざるを得ない状況となりました。ようやく、通学路に子どもたちの元気な姿が見られ、この子たちを守るために、交通安全活動を頑張ろうという思いが強くなりました。

 これまでの交通安全活動と新型コロナウィルス感染対策による県民総ぐるみで不要な外出を控えたことの相乗効果と思いますが、令和2年5月末の滋賀県下における交通事故発生状況は、

○ 発生件数(人身事故) 1,130件(前年同期比-441件)
○ 死者      12人(前年同期比-17人)
○ 負傷者 1,389人(前年同期比-649人)
○ 全国の死者 1,155人(前年同期比-57人)

といずれも減少しています。

 これからの交通安全活動につきましては、新型コロナウィルス感染という思わぬ事態に直面しているため、思い通りには交通安全活動を進められないことがあるかもしれません。しかし、子ども達、高齢者の方など交通弱者を見守る活動は続けて行かなければならないと思っています。交通安全協会では、ドライバーの皆さんにご協力いただいた会費、事業所からいただいた賛助会費を有効に使わさせていただき、交通事故によりつらい、悲しい思いをする人を少しでもなくすよう頑張っていきたいと思っています。

 ドライバーの皆さん、引き続き、子どもとお年寄りにやさしい運転をよろしくお願いします。

横断歩道利用者ファスト運動実施中 !