自転車安全利用指導員による交通安全教室

自転車安全利用指導員(滋賀県交通安全協会)は、5月19日(木)、甲賀市立伴谷小学校において、1年生71人、4年生67人に対する交通安全教室を開催しました。1年生は安全な歩行方法や横断歩道の渡り方等について学び、4年生は自転車の点検方法や自転車シミュレータを使った安全な乗り方等について学びました。

草津栗東交通安全協会等による自転車交通安全教室

草津栗東交通安全協会等は、5月16日(月)、草津市立高穂中学校において、1年生339名を対象に自転車交通安全教室を開催しました。生徒の皆さんは、模擬信号を活用した二段階右折の通行方法や一時停止標識のある交差点の通行方法を実践的に学んだほか、自転車の安全な乗り方について講話を聞きました。

草津栗東交通安全協会等による交通安全啓発

草津栗東交通安全協会等は、4月28日(木)、治田西幼稚園の園児から手形等で描かれた「交通安全こいのぼり」の贈呈を受けました。同日栗東市役所前に展示し、来庁者等に園児が書いた交通安全メッセージやミニこいのぼりを配布して、子どもを交通事故から守る「思いやり運転」を呼びかけました。
なお、園児が書いた「交通安全こいのぼり」は、本年5月末まで栗東市役所のロビーと草津警察署に展示する予定です。

近江八幡地区交通安全協会等による横断者注意喚起灯の点灯式

近江八幡地区交通安全協会は、5月9日(月)、近江八幡市役所に横断者注意喚起灯「ゆずるくん」を寄贈しました。県下初の設置に伴い近江八幡市役所において点灯式を開催し、さくらっこ保育園児もジュニアポリス姿で参加して横断歩道利用者優先の周知を図るための啓発活動も行いました。