明日から「令和元年秋の全国交通安全運動」

9月20日(金)、草津栗東交通安全協会では、JR草津駅前において、滋賀県出身のジャズピアニスト加藤景子氏を一日警察署長に委嘱し、草津警察署長らとともに「秋の全国交通安全運動」の周知を図りました。
ジュニアポリスに扮した「たちばな大路こども園」の園児54人は、「私たち僕たちを交通事故から守るために安全運転をして下さい。」と訴えました。

次回の二輪ワンデースクールについて

次回の二輪ワンデースクールは、10月19日の土曜日です。

10月19日は限定なしのフリーですので、皆様の受講申し込みをお待ちしております。

※ 申込受付開始日

● 県内在住者で初受講者を含め3回までの受講の方は~各講習日の1ヶ月前の同日の午前10時00分から

● 県内在住者で4回以上の受講の方は~各講習日の3週間前の同日の午前10時00分から

● 県外在住者の方は~2週間前の同日の午前10時00分から

※ 期日前に申し込まれたメールは受付できません。キャンセルは各講習日の3日前まで

詳しくは

 

交通安全に関してのご意見について

交通安全協会の会員になっていただいた方から、交通安全協会に関してご意見等をいただきましたので紹介します。
◆ 近江八幡市にお住いの50歳代男性から
入院見舞金制度の認知度が低いと思います。更に手続きや請求方法が分からないので、窓口で会員証の裏面を確認するようにひと言伝えていただければと思います。
免許ケースを毎回もらって使うことがありませんので、標識のハンカチ等マイテムを増やして下さい。
とのご意見をいただきました。
◇ 交通安全協会では入会していただいた方に対して、会員特典の一つとして「入院見舞金」制度があります。交通事故を原因とする傷害の治療のため、継続して14日以上入院した場合に見舞金3万円を支払う制度です。交通事故の発生から6月以内に、地区協会にございます「交通安全協会交通事故入院見舞金請求書」に必要事項を記入の上、人身事故証明書またはその写し及び継続入院の日数が証明できる診断書又はその写しを添付して地区交通安全協会に請求してください。
◆ 高島市にお住いの50歳代女性からは
チャイルドシートをいつもお借りしています。たまにしか帰省しない孫に使わせていただきとてもありがたく思っています。
とのメッセージをいただきました。

◇ これも入会していただいた会員の特典として実施しているものです。滋賀県交通安全協会、地区交通安全協会においてチャイルドシートを最長1ヶ月の無償貸し出しを行っています。土、日、祝日は貸し出しできないのでご注意下さい。また、お盆や正月等の期間については希望者が多く、貸し出しできない場合があります。
◆ 守山市にお住いの50歳代の男性から
免許窓口の方の交通安全協会加入の案内が非常に良くなったと感じました。以前は加入が義務付けされていするような説明でしたが、今回は「任意」である点をきっちり説明され好感がもてました。今後も活動に協力したいと思います。
とのご意見でした。

◇ 「ありがとうございます。」今後も入会は任意であることを明言してドライバーに協力をお願いしていきます。いただいた会費は、滋賀県の交通安全のために使っております。なお、会費の使い道や、収支決算、予算などは滋賀県交通安全協会のホームページで公開しております。

宝くじ号(交通安全教育車)が贈呈される

令和元年8月7日、日本宝くじ協会から全日本交通安全協会へ宝くじ号等が寄贈され、全日本交通安全協会から滋賀県交通安全協会等にその目録が贈呈されました。

宝くじ号には、歩行者横断トレーナー、道路標識等が搭載され、これで7台の宝くじ号が滋賀県内で稼働することとなり、滋賀県交通安全協会では、幼児・学童及び高齢者の交通安全の推進に役立てていきます。