「平成30年秋の全国交通安全運動」オープニング式について

平成30年9月21日(金)から展開される「秋の全国交通安全運動」のオープニング式がびわ湖大津プリンスホテルで開催され、大津交通安全協会等交通安全活動の関係者約100人が参加しました。

参加者は、交通安全宣言や滋賀短期大学付属幼稚園児の「安全運転に気をつけてください。」とのお願いに交通安全に対する思いを強くし、パトカー、広報車で出動しました。

交通事故と縁のないゴールデンウィークにするために

ゴールデンウィーク中は、レジャーや帰省のため、車を長時間運転する人も多く、車両も増えて混雑します。楽しい時間が交通事故によって台無しにならないように十分注意しましょう。

○ 道路交通情報の活用を!!

ゴールデンウィーク中は、高速道路や国道などの幹線道路の混雑が予想されます。道路が渋滞し、予定通りに車が進まないとイライラした気持ちで運転することになり、交通事故の原因となります。事前に「道路状況」を確認し、時間に余裕のある運行計画を立てましょう。

○ シートベルト、チャイルドシートを必ず着用し、疲れたら休憩しましょう!!

大切な命を守るため、「全席でシートベルト、チャイルドシートを着用」しましょう。疲れにくい、という利点もあります。

慣れない道や高速道路を長時間運転すると集中力が持続しません。「こまめに休憩」を取りましょう。また。眠気を感じたら速やかに休憩をとって眠気を覚まさないと危険です。