平成30年秋の全国交通安全運動実施中!

9月21日(金)から9月30日(日)の間、「平成30年秋の全国交通安全運動」が実施されます。

運動の重点は

● 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

● 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止

● 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

● 飲酒運転の根絶

● 横断歩道利用者の安全確保(滋賀県独自の重点)

で、運動期間中に滋賀県交通安全協会・各地区の交通安全協会が行う主な行事予定については下表のとおりです。

きらり☆ビカッと反射材フェアの開催について

県内では、交通事故の発生件数等は減少傾向にありますが、未だ夜間の歩行中に被害に遭われる方が多数おられます。そこで、滋賀県交通安全協会と滋賀県警察では、平成30年9月9日西武大津店において、夜間の歩行者が犠牲となります交通事故撲滅のため、反射材の有効活用、とりわけ反射糸を使用した衣服等の普及を目的とした「きらり☆ビカッと反射材フェア」を開催しました。

平成30年滋賀県交通安全推進大会の開催について

平成30年9月7日、守山市民ホールにおいて、「平成30年滋賀県交通安全推進大会」(共催・滋賀県、滋賀県警察本部、(公財)滋賀県交通安全協会、(一社)滋賀県安全運転管理者協会、守山市)を開催しました。この大会は、やすらぎのある安全で快適な暮らしを目指し、交通事故のない滋賀を実現するための決意の場として開催し、約700名が参加しました。第一部では、日頃、交通安全活動にご尽力されている方々や団体及び無事故無違反でドライバーの模範となる優良運転者等の表彰式が行われました。第二部では、滋賀県出身ハープ奏者大西伶奈氏によるコンサート、滋賀県警察本部交通企画課による交通安全講習会、滋賀県警察音楽隊による演奏がありました。参加された方々からは「今後も交通事故のない安全・安心なまちづくりを目指して頑張ろう」という声が聞かれました。

自転車安全利用指導員に対する感想文について

滋賀県交通安全協会自転車安全利用指導員による交通安全教室を行いましたところ、お礼のお手紙を頂戴し、指導員たちは自分の仕事にやりがいを感じております。ありがとうございます。

子供たちからの「ぼくは自転車に乗るので、気を付けます。」「自転車に乗っている時に左右と前後のかくにんの仕方を教えてくれてありがとう。」等の感想に、子どもたちの交通事故に遭わない安全な行動に大きな期待をしています。