各地区交通安全協会による啓発活動等

大津北交通安全協会・大津北警察署等は、5月11日(土)から展開される「春の全国交通安全運動」の出動式を、5月10日(金)、道の駅「米プラザ」で行い、堅田中学校美術部生徒が作成した啓発ポスターを掲示したバス等が街頭啓発に出動しました。

彦根交通安全協会・彦根警察署等は、5月11日(土)午後1時から、道の駅「せせらぎの里」において、利用者に対し啓発品を配布するとともに、シートベルトコンビンサーによる衝突衝撃実験を体験してもらい、交通事故防止の呼びかけを行いました。

甲賀湖南交通安全協会・甲賀警察署等は、イオンタウン湖南店において、5月11日(土)午前10時30分から「春の全国交通安全運動」の出動式を行い、忍者姿に扮した交通安全協会員等が、来店者に安全運転の呼びかけを行いました。

交差点での事故防止活動!

大津市で発生した園児2人が死亡した事故を受けて滋賀県交通安全協会は、滋賀県警察本部交通部交通企画課や他のボランティア約20人とともに、5月13日、大津市内において「交差点では安全確認が最も重要!」と交差点での事故防止を呼びかけました。

ダイハツフェスティバルでの交通安全啓発

近江八幡地区交通安全協会等では、5月12日、ダイハツ工業滋賀竜王工場で開催され、多くの家族連れでにぎわっている「ダイハツフェスティバル」において、ジュニアポリスの衣装貸し出しと、白バイやパトカーに試乗して記念撮影ができるコーナーを開設し、春の全国交通安全運動の周知、啓発を行いました。

和太鼓で出動~米原交通安全協会

5月11日(土)から展開される「春の全国交通安全運動」の出動式が、5月10日、米原警察署で開催され、ジュニアポリスに扮した米原保育園児が警察官に手作りのメダルを贈呈し、「春の交通安全運動頑張ってください。」と署員を激励しました。近江鼓笛隊による和太鼓で、パトカーや米原交通安全協会パトロールカー等が街頭に出動しました。